女子高生スカート

スカートが多い女子高生SNS

女子校の良いところと言えば「自立心が養われる」「自分の個性を見つけやすい」という点が大きいのではないでしょうか。
ほとんどの女子高の制服はスカートです。

 

なぜか?それは学校生活における日常的なシーンから大きなイベント行事まで、全てを女子だけで廻していかなければならないからです。
例えば生物の授業で蛙の解剖があってもキャーキャーと騒いで逃げている事など出来ません。
文化祭や体育祭の準備で力仕事や大工仕事があったとしても誰かがやらなければ進まないのです。
共学の場合、こういった事は男子生徒の役割になりがちですが、女子校にいる生徒は当然全員スカートを履いた女子です。

 

男子生徒はいません。教師はアドバイスやサポートはしてくれてもよほどの事が無い限り変わってやってはくれないのです。
誰かがその役割をやらなければ滞ってしまう、そんな毎日が個々が各々の「好き、嫌い」「得手、不得手」を見極めていく機会となり得るのです。こういった事がひいては問題に対して一度は当事者意識を持ち、考え、解決しようとするといった大人としての素養を育んでいくのです。

 

また、思春期に顕著に表れる「容姿」の問題。共学であるとどうしても容姿の優れた女子が男子に優遇され、そこである種の絶対的なカーストができあがりますが、女子のみの環境ではそうはいきません。

 

もちろん、女子校でも容姿が優れていることやおしゃれさんは、注目も浴び、評価もされます。しかし、成績が良い、体育が得意、といった他の特徴と同列なのです。「容姿」だけが特別な評価基準ではないのです。

 

この事は前述の「自立心」「個性」と相俟って個人の自信を育てていき、他人を認める心をも育てていくのです。
時に女子校出身者は「実はがさつ」「異性に媚びる」等と言われることがありますが、これは誤解です。
同性だけの環境ゆえに異性の目を気にしなくなり、卒業後に男女ともにいる社会において異性のいないところでは様子や態度が異なるという事のようですが、実社会では相手や状況によって対応の仕方を変えるのは当たり前のことではないでしょうか。
また、「オン」と「オフ」をきっちり使い分けられる自己コントロールに長けているという事にもつながるのです。

 

女性の社会進出が当たり前になっている現代、学校を卒業してすぐに結婚して専業主婦になるなんて人は本当にごく僅かでしょうし、一生専業主婦でいられる保証もありません。
また、一生独身の人も増えています。女性一人でもしっかり生きていける、誰かに頼り切ってしまわないで自分をきちんと持っている、そんな人間教育が可能な場が女子校だと思います。

 

JKに大人気のSNS

女子高生出会い掲示板